企業理念

Sunny Color Japan鉄の志

代表の一言

「天真爛漫、自然に素直に育て」との家訓(?!)のもと、底抜けに明るく過ごした少年時代。この家訓天真爛漫さを原動力に、1ドル=240円の頃何もツテなく極貧渡米。

カリフォルニアのサンタバーバラの大学に入り、「遊び、遊び、遊び、勉強」のローテーションでどうにか大学を卒業。

その直後、日本の友人からメキシコの有名シンガーとの結婚式に呼ばれ初メキシコ。お城を貸し切って昼から翌日の昼まで騒ぎ踊り続けたウエディングパーティーでメキシコの熱さに見事にはまる。ついでにマヤ文明など遺跡にも軽くハマってしまい、とうとうペルーにまで。インカ帝国、マチュピチュ遺跡を見て、「なんて人間ってちっぽけなんだろう」と体感し、“カルロス”に変身。

26歳に紫外線で色が発色するという素材、サニーカラーの海外販売代理店として独立。その後、衣料・靴の輸入などの貿易業を中心に運営。

そして日本で初めてバンジー・トランポリン(www.scjinc.com)という遊具をイギリスの会社と提携して、子供向けのイベント事業も開始。世界中から“日本初“”楽しいもの“”かっこいい“ものを日本に紹介。

最近は、メキシコのテキーラの良さを強く感じ、日本にその素晴らしさを知ってもらうためテキーラ専門店通販情報サイト「テキーラムーチョ」(www.wazawaza.jp)をスタート。

また、2012年、新橋にテキーラBAR、2015年にはタコスBarもオープン。ラテンの熱いノリに、侍の義理・人情・大和魂を持った男を目指し、日々精進。これからも From the world, To the world な男を目指しますっ!

代表 川上”カルロス”義貴